未分類

10万キロ・10年落ち超えのラパンの買取

投稿日:2017年6月4日 更新日:

一般的に、中古車の価値が決まる要因として、「年式」「走行距離数」があります。さらに具体的な数値として「10万キロ」「10年落ち」が言われています。

例えば、車が製造されて10年以上経っていても、走行距離が10万キロを超えていなければまだ価値が高いかもしれない。走行距離が10万キロを超えていても年式が新しければまだそれほど価値が落ちていないかもしれない。

「10万キロ」「10年落ち」の両方を満たしていれば、もう車の価値はほとんど無くなっているであろう、などと言われます。

しかし、これらは少し古い数値のようです。つまり、最近の車は「10万キロ」「10年落ち」を超えていても特に問題なく、買取業者の需要を満たすような性能を持っていると言うことです。つまり業者によっては高額の買取も期待できるのです。

ラパン売却にベストな買取業者を探せ

見積もり前には、どの業者も「高価買取!」のような謳い文句を書いているものですので、ホームページなどだけを見ても判断は出来ません。

「年式」と「走行距離数」の数値が高い自動車でも買い取ってくれる業者かどうか、一番分かるのは実際に見積もりを取ってみることです。

一社一社、見積もりを取っていくのは非常に大変ですが、「一括査定サービス」を使うと、たくさんの業者に見積もりを依頼して査定額を知ることが出来ます。査定結果の中から、最適な業者を選択することで、高額で買い取ってもらうことができるのです。

一括査定とは

一括査定はネットから売りたい車の情報を入力すると、複数の業者に一括で見積依頼ができるサービスのこと。その数最大10社。入力が完了すると、画面上に大体の査定金額も表示され、複数業者を比較できるシステムになっています。

しかも、一括査定サービスは参加に厳しい基準を設けているので、優良買取業者ばかり。大手から地域密着型の業者まで幅も広いです。無理やり買い叩こうとしてくる悪徳業者が排除されているのも安心できまね。

実際、現状の査定額をちょこっと調べてみたい、なんて利用でもOKです。良い業者が見つかったらそこに売ればいい。そんな感覚の利用でOK。今や車の売却で鉄板になりつつあります。

おすすめの一括査定はここ!

愛車が高く売れたら、その分頭金を増額させて、新しい車の月々のローン代を減らすことも可能ですし、ちょっとリッチな旅行にいくのもいいかと思います。

-未分類

Copyright© 【ラパン買取査定】失敗しない売却術、教えます , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.