10万キロ・10年落ち超えのラパンの買取

年代モノのラパンはどう売る?

一般的に、中古車の価値が決まる要因として、「年式」「走行距離数」があります。
さらに具体的な数値として「10万キロ」「10年落ち」が言われています。

 

例えば、車が製造されて10年以上経っていても、走行距離が10万キロを超えていなければまだ価値が高いかもしれない。走行距離が10万キロを超えていても年式が新しければまだそれほど価値が落ちていないかもしれない。

 

「10万キロ」「10年落ち」の両方を満たしていれば、もう車の価値はほとんど無くなっているであろう、などと言われます。

 

しかし、これらは少し古い数値のようです。
つまり、最近の車は「10万キロ」「10年落ち」を超えていても特に問題なく、買取業者の需要を満たすような性能を持っていると言うことです。つまり業者によっては高額の買取も期待できるのです。

 

ラパン売却にベストな買取業者を探せ

 

見積もり前には、どの業者も「高価買取!」のような謳い文句を書いているものですので、ホームページなどだけを見ても判断は出来ません。

 

「年式」と「走行距離数」の数値が高い自動車でも買い取ってくれる業者かどうか、一番分かるのは実際に見積もりを取ってみることです。

 

一社一社、見積もりを取っていくのは非常に大変ですが、「一括査定サービス」を使うと、たくさんの業者に見積もりを依頼して査定額を知ることが出来ます。査定結果の中から、最適な業者を選択することで、高額で買い取ってもらうことができるのです。

 

一括査定とは

 

おすすめの一括査定はここ!

 

関連ページ

ラパンをお得に乗り換え
ラパンの買取、下取りで高く売り切る簡単な売却方法を掲載中。そのほかに買取相場や買取データも掲載していますので、売却前にご覧下さい。
一括査定ランキング
ラパンの買取、下取りで高く売り切る簡単な売却方法を掲載中。そのほかに買取相場や買取データも掲載していますので、売却前にご覧下さい。